新型コロナウイルス感染症についてお願い

当院は、糖尿病や高齢の患者さんが多く受診されており、万一感染すると重症化する可能性があります。そのため、かかりつけの患者さんや職員への感染予防対策が極めて重要ですが、当院では発熱患者と通常の外来通院患者さんと動線を分けて診療することが困難です。以下、政府・厚生労働省の指針に沿った患者さんへのお願いです。

 

 

(1) 発熱や咳嗽など体調不良の場合は、まず学校や会社を休み外出を控えてください。また、毎日体温を測定して記録しておいてください。症状があり受診を希望される方は、直接院内に入らず、必ず一度電話してください。TEL(052)698-2298

 

(2) 次の症状がある方は「帰国者・接触者相談センター」に相談してください。

 ・風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている。

 (解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます)

 ・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある。

 ※高齢者や基礎疾患等のある方は、上の状態が2日程度続く場合

 ※連絡先: 港保健センター  TEL(052)-651-6537        港区港栄二丁目2-1

       南保健センター  TEL(052)-614-2814        南区東又兵ヱ町5-1-1

 

(3) 少しでも症状のある方は、マスクを着用するほか、手洗いや咳エチケット(咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖を使って、口や鼻をおさえる)の徹底をお願いします。

 

このような状況下において、冷静に対応することが重要です。糖尿病の管理は感染対策上、最も重要と言っても過言ではありません。くれぐれも治療中断することのないようにお願いします。

この危機を乗り越えるには、患者さん個人個人の協力が不可欠です。ご不便をお掛けしますが、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

 

 

糖尿病・甲状腺木場内科クリニック 

院長  林 正幸